開発ストーリー|KTM 390DUKE/RC390 SUS SLIP-ON

開発ストーリー|KTM 390DUKE/RC390 SUS SLIP-ON

《KTMは3点セットで》

ヤマモトレーシングのKTM向けJMCA認定(車検対応)マフラー「390DUKE/RC390 SUS SLIP-ON」はユニークな取り組みをしている。

KTM 390DUKE/RC390 スリップオンマフラー

↑KTM・390DUKE/RC390用スリップオンマフラー(JMCA認定・政府認証適合・車検対応)

国産車と違って、マフラーを交換しただけでは、その潜在能力を十分に引き出せないことから、エアクリーナー(SPRINT FILTER P08)とインジェクションコントローラー(SPECIAL AGENT・Negotiato-1)を含めた3点セットで販売しているのだ。

しかも、この吸排気系に合わせた燃料噴射マップが、あらかじめインストールされているのがうれしい。

インジェクションコントローラー(スペシャル・エージェント制)

↑スペシャル・エージェント製インジェクションコントローラー(サブコン)。タンデムシート下にスッキリ収まる。

■セット販売の詳細はこちらを参照■

KTM・390DUKE/RC390用スリップオンマフラー

↑エキパイ前半部分はノーマルを利用。リヤサスペンション付近に膨張室を設けることで、騒音規制に対応しながら、パワーアップを図っている。

《開ければ開けるほど グイグイ!》

この3点セットを装着した390DUKEの試乗車を常設しているKTM大阪北にうかがい、さっそくその効果を確かめてみた。

軽く暖機運転をして走り出すと、もうその瞬間に発進トルクが太くなっていることがわかる。

エンジンやタイヤ、サスペンションを温めながら、最適なスロットルの開け方や閉じ方を探していくと……000~000rpmがなんとも愉快ではないか。

トルクフルなのに、小気味よくエンジンが吹け上がり、ビュンビュン加速していく様子に、胸がすく。排気音はレーシーだけど、耳障りではなく、いい感じだ。

おかげで、街中のちょっとした加速が楽しく、スロットルをワイドに開けながらコーナーを立ち上がっていくのは、もっと楽しい。

8000~10000rpmに向かって、もうひと伸びしてくれるのも、スポーツシングルファンのハートをくすぐるはずだ。

その気になれば、スロットルひと開けでウイリーできるトルクの厚みと優れたドライバビリティを備えているのは、エアクリーナーとインジェクションコントローラーの恩恵に違いない。

エンジンブレーキの掛かり方も自然で、全体的に不満点は見当たらなかったが……「あまり加速せず、マイペースで流しているのが好きな方」には、投資に見合う効果を得にくいかもしれない。

逆に、スポーティに走りたいオーナーにとっては、コストパフォーマンスの高い3点セットと言えよう。もし僕がDUKE390オーナーなら、このまま注文して帰りたいほどだ。 (TEST&REPORT:梶 浩之)

 

《KTM大阪北で試乗してみては?》

せっかくなら、みなさんもKTM大阪北を訪ねて、この3点セット付きのDUKE390に乗ってみるといいのでは?

ktm-oosakakita

↑KTM大阪北…■住所:大阪府高槻市天王町3-4 ■営業時間:10~19時 ■定休日:水曜日,第1日曜日,第3木曜日,イベント日

同店は大阪府唯一のKTM専門店。オンロードはもちろん、オフロードにも力を入れていて、マニアックなパーツも豊富にそろう。

スタッフも「いい人」ぞろいだから、安心して買える、遊べる、整備できるショップですよ!

KTM大阪北 ラリー参戦

↑ラリー参戦レポート

ラリー用マップホルダー

↑ラリー用電動マップホルダー

ナンバープレート用チタンボルト

↑ナンバープレート用チタンボルト

サーキット走行会

↑サーキット走行会

 

 

→「ヤマモトレーシング物語|はじめに

→「開発ストーリー|クロスミッション

→「開発ストーリー|Φ46 スロットルボディ

→「開発ストーリー|Spec-A

TOPへ